time will tell NewYorkの時計のゴム交換

今日は、アクセサリーウォッチのtime will tell NewYorkの時計バンドのゴム交換修理をご紹介致します。

アクリルパーツの中にゴムが通ったブレスレットタイプの時計です。カラフルなアクリルパーツとブレスレットタイプのつけやすさが人気のブランドです。

TWTmadison

中がゴムなっている為、使用しているとどうしても劣化してゴムが伸びてゆるくなってしまいます。今回は中のゴムを新しく交換する修理です。

20170904_180505_0326 20170904_180505_0329

パワーストーンブレスレットやフィリップオーディベールブレスレットとは少し構造が違い、時計の裏蓋を外してみると中にゴムが通っています。

当店では定番の突然切れにくく、耐久性のあるゴムを2重にして使用して修理を行なっています。

20170904_180505_0327 20170904_180505_0328

ゴムの交換代金¥2,500+tax

 

このように、時計でもアクセサリー素材の仕様になっている物でしたらお気軽にご相談下さいませ。(メタル、レザーバンドの交換、取り付けは行なっておりませんのでご了承下さい)

 

<ご注意> 当店でtime will tellの時計本体のお取り扱いがございませんのでご注意下さいませ。

また時計の電池交換などは行なっておりませんのでご了承下さいませ。(家電量販店や街の時計屋さんをおすすめしております)

 

Boutique anje (ブティックアンジェ)

★★instagram始めました★★ → anje_nakameguro で検索!

東京都目黒区上目黒2−44−11 エルパラシオ1F

TEL 03−4296−4397

Mail : info@anjetokyo.com

<定休日>毎週火曜+α

火曜日以外のお休みはHPのトップにてお知らせしております。

<営業時間>12:00〜20:00

クロムハーツの時計ブレスのコマ詰め加工

今日はクロムハーツの時計ブレスレットの加工をいくつかご紹介します。

20170904_180106_0101

ロレックスやSEIKOなど、お手持ちの時計のフェイスにクロムハーツの時計用ブレスレットを取り付けるカスタムをされている方も多くいらっしゃいます。

その際に、コマのサイズが大きすぎるなどさまざまなお悩みも多いかと思いますが、当店ではサイズが大きいブレスレットの調整(コマ詰め)やその他の加工もお受けしております。

今回はコマ詰め(左右1コマずつ)、新品仕上げと再燻し加工、時計のフェイスがうまく噛み合わないのでブレスレットの設置面を少し削ってサイズを合わせる面取り、時計の取り付けをさせて頂きました。

<クロムハーツブレスレットのコマ詰め> 1箇所につき¥6,900+tax

(左右1コマずつの場合は各所を溶接するので¥6,900×2つとなります。

<新品仕上げ+燻し直し> ¥9,000+tax

<面取り加工+時計の付け替え> ¥4,500+tax

 

20170904_180106_0102

勿論、時計以外にもクロムハーツなどのブランドシルバーアクセサリーの修理、加工各種も行なっております。他店で断られてしまったリングのサイズ直しや、燻しの入れ直し、新品仕上げ、コマ詰めなどお気軽にご相談下さいませ!

 

〜中目黒にあるジュエリー修理、加工とセレクトショップ 〜

Boutique anje (ブティックアンジェ)

★★instagram始めました★★ → anje_nakameguro で検索!

東京都目黒区上目黒2−44−11 エルパラシオ1F

TEL 03−4296−4397

Mail : info@anjetokyo.com

お休みはHPのトップにてお知らせしております。

<営業時間>12:00〜20:00

工房業務や仕入れなどで外出している場合もございますので修理、加工をご希望のお客様はご来店前にお電話にてご確認をお願い致します。