ルイヴィトンアクセサリーの修理

ブランドアクセサリー、ジュエリーの修理も行なっております!

今回はルイヴィトンの壊れたピアスのお直しを致しました。

20190601_190923_0311

ピンクのお花の上に付いていた金属の丸カンが折れてピアス本体から外れています。

土台は真鍮の金属ですがピンクの部分はエナメルやカラー樹脂の為、バーナー(火)を使う溶接だと溶けてしまいます。

部分的に金属を溶かしてつける「ハンダ溶接」で丸カンを溶接し、ゴールドペイントをして完成です。

20190601_190923_0312

他店で断られてしまったお直しも一度ご相談下さいませ!

<修理代金>¥2、500+tax

 

こちらのタイプはシャネルやディオールでも多く、同じ方法でお直しをする事ができます。

(まれにですが、作られた時期によってまれにハンダでも付かない合金素材もあります。お試ししてみないとハンダ溶接が付くかどうかが分からない場合もございます)

シャネルピアスをイヤリングへ加工

シャネルのポスト直結タイプのスタッドピアスをそれぞれネジバネ式のイヤリングに加工いたしました。

20181103_181123_0027

お写真の通りピアスの針がシャネルモチーフに直接付いているので、針をカットして研磨をしてから、ネジバネ式のイヤリング金具をハンダでしっかりと溶接していきます。

ハンダは銀色なので、ゴールドに合わせてペイント加工をして完成です!

20181103_181123_0028 20181103_181123_0029

<料金>1つ¥2,900+tax (1ペアで¥5,800+tax)

 

針が付いていた場所と同じ所にイヤリング金具を溶接するので強度もあり、見た目も美しく仕上がります。

 

シャネルアクセサリーの修理や加工もご相談くださいませ。ラインストーン取れの修理も承ります。

 

Boutique anje (ブティックアンジェ)

★★instagram★★ → anje_nakameguro で検索!

★★オンラインストア始めました★★ → https://boutiqueanje.theshop.jp/

東京都目黒区上目黒2−44−11 エルパラシオ1F

TEL 03−4296−4397

Mail : info@anjetokyo.com

<定休日>毎週火曜+α

火曜日以外のお休みはHPのトップにてお知らせしております。

<営業時間>12:00〜20:00

 

 

シャネルピアスの修理

今日は壊れてしまったシャネルのピアスの修理をご紹介致します。

ピアスフープに通っていたシャネルマークのチャームの上部分の丸カンが折れてしまっています。

ハンダ溶接で綺麗にお直しする事ができました。

仕上げにマットゴールドのペインティングをして完成!

<料金> ¥2,500+tax

<納期> 約2週間

 

シャネルなどのブランドアクセサリーは時期やアイテムによって素材が不明な場合が多いのでまれに溶接ができない物もございますが、今回は綺麗にハンダでお直しする事ができました。

壊れて眠ったままのブランドアクセサリーのお直しもお気軽にご相談くださいませ。

 

修理、加工をご希望の方は店舗へ直接お持ち込み頂くか事前にメールにて素材、サイズ、状態を明記の上、下記アドレスまでお気軽にご連絡下さいませ^^

<お見積もり> info@anjetokyo.com

工房業務や仕入れなどで外出している場合もございますので修理、加工をご希望のお客様はご来店前にお電話にてご確認をお願い致します。

 

Boutique anje (ブティックアンジェ)

★★instagram始めました★★ → anje_nakameguro で検索!

東京都目黒区上目黒2−44−11 エルパラシオ1F

TEL 03−4296−4397

Mail : info@anjetokyo.com

<定休日>毎週火曜+α

火曜日以外のお休みはHPのトップにてお知らせしております。

<営業時間>12:00〜20:00